ペインクリニック

ペインクリニックとは

痛みは、身体の異常を知らせる大事な信号ですが、繰り返すことで痛みが記憶されていき、さらに痛みが強まる悪循環が形成されてしまうこともあります。
また、痛みがあることで精神的なストレスにつながったり、生活に支障が出たりしてしまいます。
ペインクリニックでは、神経ブロック注射と飲み薬を使い、痛みを取り除きます。

ペインクリニックの対象となる病気や症状

頸椎椎間板ヘルニア

首の骨には、椎間板と呼ばれるクッションがあります。

この椎間板がはみだして神経を圧迫してしまうのが頸椎椎間板ヘルニアです。

症状としては、首・肩・腕・指の痛みや痺れがあります。

消炎鎮痛剤の内服、や装具による固定を行いますが、必要に応じて星状神経節ブロックなどの神経ブロック注射を使用することもあります。

頸椎症性神経根症

首の骨・関節・クッション(椎間板)が変形することで、神経が圧迫されてしまう病気です。
症状は、頸椎椎間板ヘルニアと同じく、首・肩・腕・指の痛みや痺れが生じます。
消炎鎮痛剤や装具の他、痛みが大きい場合には、椎間関節ブロック・神経根ブロック・星状神経節ブロックなどの神経ブロック注射を実施します。

肩こり

原因の病気がはっきりしているものを「症候性肩こり」、はっきりしていないものを「本態性肩こり」と言います。
まずは原因となる病気を解明し、治療を行っていきますが、多くの場合は原因不明による本態性肩こりです。
内服薬、リハビリテーション、生活指導、トリガーポイント注射、肩甲上神経ブロックなどを組み合わせて治療を進めていきます。

腰痛

腰痛の原因は多岐に渡り、症状が出ているところに原因があるとも限りません。
そのため、的確な診断を行い、原因に合った治療を進めていくことが重要です。
治療は、内服、リハビリテーション、生活指導、仙骨硬膜外ブロック、神経根ブロックなどを行います。

腰椎椎間板ヘルニア

頸椎椎間板ヘルニアと同じような状況が、腰の骨で起きます。(椎間板がはみだして神経を圧迫します。)

症状としては臀部や足の痛みと痺れが出ます。

現在は、手術なしで治療できるケースも増えており、当院では内服、生活指導、仙骨硬膜外ブロック注射、神経根ブロックなどを実施しています。

腰部脊柱管狭窄症

腰には、脊柱管と呼ばれる神経の通り道があり、ここを通っている神経は、腰だけでなくお尻や足にも繋がっています。
そのため、脊柱管が狭くなると神経が圧迫されて足の痛みが出たり動かしづらくなってしまったりします。
また、場合によっては尿や便が出なくなる排泄障害を引き起こすこともあります。
治療は、内服薬、リハビリテーション、仙骨硬膜外ブロックなどの神経ブロック療法を実施し、場合によっては手術を提案させて頂きます。