リウマチ科

リウマチとは

リウマチの起きる仕組み

私たちの身体は、細菌やウイルスから身体を守るための免疫機能を持っています。
しかし、この免疫が何らかの理由で自分自身の身体を攻撃してしまうことがあり「自己免疫疾患」と呼んでいます。
リウマチは、自己免疫性疾患の中でも骨や軟骨に症状が起きる病気で、正確には関節リウマチと言います。

リウマチの症状

  • 朝、身体が動かしにくい(こわばる)
  • 関節が腫れる
  • 関節が痛む
  • 関節が変形する
  • 息切れや咳
  • 貧血、血管の炎症
  • 下痢
  • 心不全、腎不全
  • 倦怠感、疲れやすい
  • 食欲不振など

リウマチの治療

リウマチの原因は、まだ完全には解明されていません。

しかし、日々治療法は進歩しているため、多くの患者さんは痛みや腫れなどの症状が軽くなり、検査結果も正常値の範囲内に改善されます。完治は難しいのですが症状を大幅に改善することは可能です。

早めに受診して、継続して治療を続けていくようにしましょう。

●治療

お薬、リハビリテーション、手術などを組み合わせた治療を行います。
お薬一つとっても複数の種類があるため、患者さんの症状の程度やタイプ(リウマチの型)などに合わせた治療を提案させて頂きます。

当院では、最新の検査・治療を取り入れ、基幹病院とも連携を取りながら診療を進めていきます。リウマチでお悩みの方は、森井整形外科までご相談ください。