整形外科・スポーツ傷害

整形外科

整形外科とは

整形外科では、骨・筋肉・関節・神経といった運動器官の病気と怪我を対象に診断、治療をしています。

当院では、運動機能を回復させて日常生活に支障のないように復帰して頂くことを大切にしています。

こんな症状ありませんか?

例えば、以下のようなお悩みをお持ちの方は、お早めにご相談ください。

  • 運動中や日常生活の中で怪我をした
  • 肩が上がらなくなってきた
  • 腰や肩が痛む
  • 膝が痛くて歩けない、走れない
  • 手足が痺れる
  • 関節に違和感がある
  • 身体の一部が動かしにくい

形成外科・美容外科との違いは?

形成外科は身体の表面を扱う診療科で、火傷や傷などの治療を行います。さらに形成外科の中でも特に「見た目」を改善するための処置を行うのが美容外科です。

スポーツ傷害

スポーツ傷害とは

スポーツにより生じた状態の総称です。

一時的に強い力が加わって起きる「スポーツ外傷」と長期間に渡って負担がかかり続けることで起きる「スポーツ傷害」に分けることができます。

スポーツをしていると治療を怠って無理にプレーをしてしまいがちですが、きちんと診療を受け、必要に応じてリハビリテーションも行うように推奨しています。

スポーツ外傷

いわゆるプレー中の怪我のことです。

適切な応急処置をするかどうかで、その後の回復にも影響が出てきますので、痛みや違和感があるときは、早めに受診をしてください。

  • 捻挫
  • 靱帯損傷
  • 半月板損傷
  • 肉離れ
  • 腱断裂
  • 脱臼
  • 打撲
  • 骨折

スポーツ傷害

同じ部位に力が加わり続けることで組織が損傷してしまうことを指します。

徐々に負担が蓄積していくため、初期段階ではスポーツ外傷のような分かりやすい痛みがありません。

そのため、なかなか早期治療が実現されにくいという特徴があります。

もう動けないというギリギリのところまでプレーを続けていると、最悪の場合はそのスポーツを継続できないということになってしまうこともあります。少しでも違和感がありましたら、受診することをおすすめします。